ホーム > タグ > ゆで

ゆで

ゆでたまご・吉野家問題のまとめ

先日、ゆでたまご嶋田先生がTwitter上で、牛丼チェーン大手の吉野家について暴露話を投稿したところネット上では結構な騒動になっています。吉野家が過去最大89億円の赤字を発表しピンチのさなかの出来事だけに注目が集まり、衝撃的な内容から「もう吉野家には行かない」などショックを受ける人も多いようです。

経緯

元発言はすでに消されているので、Togetterのまとめでご覧ください。

一連の投稿はすぐさま各種ネットニュースで報じられます。

リアルタイムで寄せられた反響の多くは吉野家への失望と不信を表明するものでしたが、ここで、すき家・なか卯を運営するゼンショーの広報アカウントから「吉野家さんというブランドがあってこそ牛丼がここまで来られた」とすかさずフォロー。

2ちゃんねるでは吉野家バッシングが盛り上がり、対照的にゼンショーのしたたかさが浮き彫りになります。

当の吉野家の反応は以下の通り。ただしソースがZAKZAKとJ-CASTであり、注意して読む必要があります。

さて、ネットでの反応は吉野家バッシングに傾いていますが、基本的にどの情報も、嶋田先生という当事者の一方の主張が元になっていることに注意しなくてはなりません。発端から時間が経つにつれ、そのあたりの検証も始まっているようです。

以下、嶋田先生の発言を検証・解説してみます。本人以外のソースが少なくてごめんなさい。

検証と個人的な見解

まず、今回の嶋田先生の発言のタイミングですが、Twitter上で森永製菓とのタイアップについて質問がありそれに回答したのがきっかけで、その流れで吉野家の暴露話に繋がった、というものです。吉野家の経営危機を狙ってどうこうという話ではおそらくありません。

原作の牛丼屋はなか卯?

私は大阪なんでなか卯が大好きで 作品中も描いてたんですが

『キン肉マン』の牛丼はなか卯、という発言はインタビュー等でしばしば見られますが、これは正確ではありません。最初に登場するのは確かになか卯ですが、CMソングをはじめ名前の露出は吉野家の方がずっと多いです。詳しくは過去のエントリ「キン肉マンの牛丼は吉野家?なか卯?」をご覧ください。原作だけでも「キン肉マンの牛丼=吉野家」のイメージは形成されそうです。

吉野家はアニメ版のスポンサーではなくタダで宣伝? 『キン肉マン』は吉野家の経営再建に貢献した?

アニメ始まるときに吉野家が東映さんにキン肉マンの食べてる牛丼を吉野家にしてくれないかと打診あり当時のプロデューサーがOKしたみたいで、その時は吉野家は倒産していて 是非ともこの話しをまとめたかった

ただし吉野家はキン肉マンの番組でいちどもスポンサードしたことない タダで宣伝再建したようなものです。

言われてみれば吉野家の名前は提供欄になかったような気がしますが、「打診」については真偽不明です。演出家の川田武範氏によれば、

川田: そうですね。最後に「ギュ~」っという効果音を入れることで面白くなっています。当時はこれで「吉野家から牛丼のタダ券をもらえるぞ!」と喜んでましたね(笑)。他にも「スポンサーの名前はなるべく使え」というプロデューサーの意向で、「おっとっと」などの森永製品も画面に出しましたからね。あれは昔の日活映画でスポンサーの商品を宣伝していたイメージだったんでしょう。
「伝説超人インタビュー (2) 今沢哲男×川田武範」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、54-55頁。

とのことで、確かに吉野家がスポンサーとは書いていない一方でスポンサーでないとも言い切れない。牛丼を吉野家のものとして描いたことは間違いなさそうです。

「タダで宣伝再建したようなもの」について。本当に金銭のやりとりがなかったかどうかは不明ですが、当時吉野家は1980年に倒産しており、アニメの開始した1983年はセゾングループ傘下での経営再建を始めたばかりですので、タイアップに拠出するような体力的余裕があったか疑問ではあります。その後吉野家は、1987年に100億の債務を完済し再建を果たしています。1987年6月に発売されたジャンプ・コミックス『キン肉マン』32巻には、

先日、牛丼ひと筋80年で有名な某社主催のパーティーに招待されました。何でも一時は倒産にまで追い込まれた同社が『キン肉マン』の出現で、大人のものだった牛丼を子供も食べるようになり、経営が回復したそうです。僕らが何気なく想像した “牛丼好きのキン肉マン” というアイデアが思わぬところにまで波及したもので、あらためて漫画の読者に及ぼす影響力のすごさに驚いています。
ゆでたまご『キン肉マン 第32巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1987年6月15日、ISBN 978-4-08-851812-1、カバー折り返し作者コメントより

このようにありますので、たとえゆで先生の誇張が入っていたとしても、吉野家が『キン肉マン』の影響力を認知していたことは確かと言えそうです。

無料で食べられるどんぶり?

たしか吉野家がしてくれたのはバフルのときに赤坂にあった高級牛丼のタダ券三枚くれたのと 永久でタダで食えるふれこみだった どんぶりに湯飲みセット(まぁ ただで食べられなかったんだけど)

このどんぶりを受け取った経緯は、1999年12月発売の『キン肉マンII世』7巻に書かれていました。

先日、某有名牛丼チェーンY野家さんから、なんとも立派な荷物が届きました。桐の箱に入った中の品物を見てビックリ。なんと「ゆでたまご」と金文字の入った、Y野家さんの牛丼のどんぶりと、湯呑みのセットなのだーっ!! なんでも、牛丼を世間に広くアピールしてくれたお礼だとか。スンゲー嬉しかったーっ! ついでにY野家さん、このmyどんぶりを持ってったら、全国どこのY野家さんでも牛丼をタダにしてもらえませんかね~?
ゆでたまご『キン肉マンII世 7』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、1999年12月18日、ISBN 978-4-08-857372-4、カバー折り返し作者コメントより

ここでの作者コメントにもある通り、この時点では嶋田先生も無料で牛丼が食べられるとは認識していませんでした。のちに、2003年10月のフジテレビ『トリビアの泉』で、無料との噂で店舗に赴くが断られる、ということがあり(動画)、ここからこじれて「無料という触れ込みだったのに反故にされた」という思い込みが嶋田先生の中で大きくなってしまったのかもしれません。強い思い込みの原因となったのはおそらく

トリビアの時も店員はゆでたまごが来るのは知っていて あの周りの客もみんな吉野家の社員だったのです。つまりみんなして私がタダで食べられないところを見ていた…悔しかったです、恩を仇で返されたとはこのことです。 だから彼らはすき家との提携の時なにもコメントだせなかったのです。

トリビアの収録、または放映内容が本当に屈辱的だったということなのでしょう。確かに本当なら酷い話です。吉野家はこのようなストーリー作りに手を貸すべきではなかったし、ゆで先生を笑いものにするようなストーリー作りをしたフジテレビには一ファンとして怒りを禁じ得ません。矛先がフジではなく吉野家に向いたのは、嶋田先生に牛丼を広めたという自負があったからこその反動と思えます。

この後、視聴者の問い合わせに対する回答が吉野家よりあり、2chに転載されました(pblog: ゆでたまご先生のどんぶりの件で・・・ 続報)。ここに書かれていることにおそらく嘘はなく、無料という名目でどんぶりを送った事実はないのでしょう。この対応自体は企業としてごく当然のものと思います。

まとめ

吉野家の不義理が叩かれていますが、両方の言い分を聞かない限り何とも言えない点は残ります。吉野家が『トリビア』に取材協力してしまったのは失敗だったと言えますし、視聴者から問い合わせがあった時点で結果的に不義理を働いていたことに気付くべきだったとも思います。その後の2008年『キン肉マン』29周年というビッグイヤーに、タイアップをすき家に持って行かれたのは、ゼンショー広報氏のフォローの通り何らかの事情があったのかも知れないので不義理と断じることはできませんが、ビジネスチャンス的には本当にもったいないことをしていますよね。

このエントリの公開直前に、今回の件について嶋田先生の公式ブログから声明がありました。

不幸な行き違いと経営センスのなさが重なってこのような事態になってしまいましたが、何とか関係修復してもらいたいところです。

生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録

著者/訳者:ゆでたまご (嶋田隆司 中井義則)

出版社:エンターブレイン( 2009-06-19 )

定価:

単行本 ( 409 ページ )

ISBN-10 : 4757750056

ISBN-13 : 9784757750050



Twitterで超人ひとことオリンピック開催中?

ゆでたまごの原作・嶋田先生がTwitterを始められた (@yude_shimada) のは既報のとおりですが、そのTwitterで自然発生的に企画が始まっています。題して「超人ひとことオリンピック」。嶋田先生が深夜に超人の名前だけを投稿し、それに反応してリスナー(?)が面白いひとことを返す、という大喜利のようなラジオ番組のような企画です。翌日以降、嶋田先生が優勝者を選考して発表します。

ここ5日間で5回開催されたものを以下にまとめてあります。

もともとは、嶋田先生が投稿ミスで「キン肉マン」とだけ投稿してしまったところ、「Go Fight!」など様々に反応があったことがきっかけです(第1回テリーマンの冒頭をご覧ください)。このほかにも、ジャンプ連載当時の裏話など様々な興味深い話が聞けるTwitter(ゆで先生と江口寿史先生の会話がリアルタイムで見られるとか誰が想像したでしょうか)、ファンは必見です。


ゆでたまご先生初サイン会リンク集

去る1月29日(金)のキン肉マンの日、『キン肉マン』37巻が発売されるとともに、ゆでたまご先生の漫画家人生で初となるサイン会が新宿紀伊国屋において開催されました。

サイン会の整理券配布は先着100名で、受付開始から1時間もせずに終了してしまったとのこと。私も残念ながら行けなかったのですが、すでに各種メディアでサイン会の様子が伝えられているので、せめて情報をまとめておこうと思います。

まずは、ゆでたまご原作の嶋田先生ブログから。初のサイン会で緊張されていたご様子。

ゆで先生と面識があるはずのミノワマン氏は一般のファンに並んでいたとのこと。

そして各種メディアの記事。毎日新聞は画像多め。ライブドアの記事によれば1人目はキンターマン好きという濃さ!

会場からTwitterでサイン会の様子を伝えるファンも。会場の熱気が伝わってきます。

ウェブ以外では、今日発売の『週刊文春』2月11日号に、サイン会で撮影された嶋田・中井両先生のグラビアが掲載されていました。「あの「キン肉マン」が22年ぶりに復活・ゆでたまご人生初のサイン会で咆哮」との見出しです。

キン肉マン 37 (ジャンプコミックス)

著者/訳者:ゆでたまご

出版社:集英社( 2010-01-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 100

コミック ( 242 ページ )

ISBN-10 : 4088748336

ISBN-13 : 9784088748337



1/29(金)はキン肉マンの日。キン肉マン37巻、サイン会開催、コラボTシャツ発売

本日 1/29(金)は、日本記念日協会認定の「キン肉マンの日」です。金(キン)曜日で29(ニク)日、というわけですね。今回が通算4回目で、これまでキン肉マンの日のたびに何らかのイベントが企画されてきました。2008年はキン肉マン映画祭(2/29)とムック『肉萬』の発売(8/29)、2009年は言わずと知れた伝説のプロレスイベント『キン肉マニア2009』。

さて今回は、

という3つのイベントが用意されています。特に37巻は、II世でなく無印の単行本が22年ぶりに続刊発売ということで各種メディアでも取り上げられています。サイン会は整理券が先着100名でしたがわずか1時間で瞬殺という人気ぶり。残念ながら整理券がないと入場もできないとのことですので、参加者のレポートを待ちたいところです。

Twitterでは、今回のキン肉マンの日にあたり、嶋田先生から先日亡くなった郷里大輔さんへの追悼の言葉が寄せられています。黙祷。

キン肉マン 37 (ジャンプコミックス)

著者/訳者:ゆでたまご

出版社:集英社( 2010-01-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 100

コミック ( 242 ページ )

ISBN-10 : 4088748336

ISBN-13 : 9784088748337



ゆでたまご嶋田先生がTwitterを開始、ほか

昨1/25は、ネット上でゆでたまご嶋田先生に関するニュースが相次ぎました。

まずは、『キン肉マン』37巻発売に関連して毎日新聞に掲載されたインタビュー。

おおむねこれまでのインタビューで既出の内容ですが、ベンキマンのあと下ネタの応募が、というのは新情報かも。下ネタ超人はひとつも採用されていなかったと思いますが。

続いて、Livedoorのインタビュー。こちらは以前からAll Aboutで嶋田先生のロングインタビューを何度も担当された(2006/05, 2009/05など)川頭広卓さんが聞き手です。ご自身も格闘家なので、格闘技方面からの掘り下げなど他のインタビューとは一線を画す、読み応えのあるものになっています。

アニバーサリーの続いたこの2年を振り返る内容です。特に2008年に少年ジャンプに掲載された「キン肉マンの結婚式」への言及は興味深いです。

そしてもうひとつ。最近急速にマスコミに取り上げられるようになっているTwitter(ツイッター)ですが、嶋田先生もアカウントを取得されました!

昨年のブログ開始に引き続いてのことでファンとしては嬉しい限りです。フォロワー数は早くも250を超え、嶋田先生も反響に驚いている模様。Twitterをお使いでない方は、これを機に始めてみるのもいいかもしれません。

Twitterの話が出たのでついでに宣伝。私もTwitterを使っています (@cpro29) が、ゆでたまご・キン肉マン関連の発言はニュース紹介から与太話まで “#yude” というタグを付けて行っています。よければTwitter内検索でご覧ください。

キン肉マン 37 (ジャンプコミックス)

著者/訳者:ゆでたまご

出版社:集英社( 2010-01-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 100

コミック ( 242 ページ )

ISBN-10 : 4088748336

ISBN-13 : 9784088748337



水道橋駅西口でキン肉マン展示

本日1/2(土)から1/4(月)まで、JR水道橋駅西口で

  • 漫画家ゆでたまご自伝本『生たまご』出版記念ミュージアム

として展示が行われています。嶋田先生ブログで「何かが起こる!!!」とあったのはこれでした。

『生たまご』出版記念展示全容

『生たまご』出版記念展示全容

展示内容はCCPの等身大キン肉マンのほか、昨年5月29日のプロレスイベント『キン肉マニア2009』で使われた超人たちのマスク、複製原画数点など。特に複製原画は、デビュー前の赤塚賞応募作『ゴングですよ』(最終選考まで)や、中学1年生の時ノートに描いていた『たかよしマンガ奮戦記』というおそらく初公開の超レアなものが展示されているので、その辺興味のある方は要チェックです。

以下、展示物の写真を。可能な方はぜひ実物を見に行ってみてください。
続きを読む


嶋田先生お誕生日

本日10/28は、ゆでたまごの原作担当・嶋田隆司先生の49歳のお誕生日です。おめでとうございます!

ここのところ、「テリー・ザ・キッドの夜明け」や親子対決決着で立て続けに盛り上がりが来てファンとしては嬉しい限りです。これからも期待してます!


ゆでたまご嶋田先生公式ブログ

ゆでたまごの原作担当・嶋田隆司先生のブログが公開されていました!!

公開からわずか1週間なのに興味深い話やらニュースやら満載です。肉マニア・ゆでマニアは必ず押さえておくべし。さっそくRSSリーダーに登録しました。

二人いるゆでたまごのうち、世間からは、

「仕事しないほうのゆで」
「出好きのゆで」

と言われているほうですね。
はじめまして | Pehlwans / blog / TAKASHI SHIMADA

自覚していたとは……。

生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録

著者/訳者:ゆでたまご (嶋田隆司 中井義則)

出版社:エンターブレイン( 2009-06-19 )

定価:

単行本 ( 409 ページ )

ISBN-10 : 4757750056

ISBN-13 : 9784757750050



ラーメンマンをブログで描こう 応募イラスト発表・ゆでたまごコメント

先日取り上げた、livedoorブログのピックアップテーマ「ラーメンマンをブログで描こう!」ですが、応募イラストの発表があり、またゆでたまご嶋田先生のコメントも寄せられていました。

拉麺男というキャラは小さな子でも描きやすくということで単純なタッチを心がけ 創ったんですが これが見ようによっては 優しく見えたり、強く見えたり、哲学的に見えたりと 単純がゆえにいろいろ想像が掻き立てられるんですが みなさんの描かれた拉麺男をみて みんな一人一人にそれぞれの拉麺男像があるんだなと大変楽しく拝見させていただきました。
livedoor Blog 開発日誌 : ゆでたまご嶋田隆司先生からコメントをいただきました。 – livedoor Blog(ブログ)

えーと。埼玉県・小宮勉さんの立場は……。


キン肉マン監修ポテロングZにんにく味

こんなのが出てたんですね。ポテロングの公式ページには載っていないようですが。
『キン肉マン』連載初期には、ポテロングやココアをはじめとした森永製菓の製品が多数登場していました。当時としては珍しいタイアップで、新人の安い原稿料を折半にしており生活が苦しかったゆで先生たちに、作品を気に入っていた森永の社長がスポンサーに付いてくれたというちょっと心温まるお話です。集英社との契約がどうなっていたかは不明ですけど。詳細は

このあたりを参照。この縁で森永はアニメのスポンサーにもなり、原作にない「おっとっと」なども登場しています。森永乳業への配慮か、キン肉マンの嫌いなものが牛乳からラッキョウに変更されましたが。

追記 13:08

とか書いてるうちに、入れ違いでニュースリリースが出てました。

森永製菓株式会社(東京都港区芝、社長・矢田雅之)は、「コラボ」をテーマに毎回強力な魅力を発信している「ポテロングZ」シリーズより、マンガのキャラクター”キン肉マン”が味を監修した「ポテロングZ<にんにく味>」を本日より発売します。
シリーズ第4弾となる今回は、今年で誕生29(ニク)周年を迎えるキン肉マンに、作品の中で牛丼に次いで好きだった「ポテロング」の、新しい味を監修してもらうという異例のコラボレーションを実現しました。「ファンタジーの世界」と「現実の世界」の融合させた新しい切り口による抜群の話題性とキン肉マンというキャラクターの魅力で、お客様の購買意欲を喚起します。
日経プレスリリース-森永製菓、キン肉マン監修の「ポテロングZ<にんにく味>」を発売


ホーム > タグ > ゆで

Twitter
Nikupedia@amazon
RSS Nikupedia watch
最近のコメント
メタ情報

ページの上部に戻る